読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月と太陽

月を見上げ太陽と遊ぶyoginiの日常

わけあいたい


今日の夜はなんとかギリギリ間に合って、自分の為のトレーニングを受けて身体が整ったら何だかおなかがすいて、封印を解いてラーメンを食べちゃった。

夜だし、遅いし、トレーニングの後だし、デトックス期間だし、スムージーでしょう?だけどそこは敢えてコラーゲン入りラーメンで。
エネルギーに満ちたラーメンは食べたらすごくあったかくてムズムズの鼻も落ち着いて元気が出て来た。
いつもいつもは控えたいけど、たまには自分の為の事をして、自分を甘やかして食べたいものを食べる。
手足を伸ばしてのびのびと。解放されて元気になったら周りの人たちにもやさしく出来るし、自分も余裕が出て来る。

何かに挑戦してみようとか、諦めてた事をもう一度やってみようとか。

何がきっかけで目の前が拓けるかわからない。

それが今日は、コラーゲンラーメンだったのかトレーニングだったのか。女子力高い先生のおかげだったのか。何だっていいよ。
明日からもまた元気出していこう。

いつもクールなあの人にも、元気のおすそ分けを。
いつも澄ました笑顔のあの人。今度会ったら、げらげら笑わせてやろう。






Re : 素晴らしい毎日



おはよう。いってきます。いってらっしゃい。おつかれさま。おかえりなさい。


寄り添う日々は、宝物のよう。

繰返される日々は、宝物のよう。

今日1日も元気に。

素晴らしい朝の目覚めに感謝して、おやすみなさい。


あの人のもとにソラから降ってくるたくさんの素晴らしい出来事。












Re :心を傾ける


帰ってきて玄関を開けると、フワリといい香り。朝は蕾だったのに花がひらいて甘い匂いを漂わせる。


デトックス期間のいま。春分の日に向けていろんなものが顔を出す。今日もいい感じに疲れた1日。ポタージュスープを温めなおしてホッとしながら、スタッフの子からのバレンタインのお返しを開けてみる。プレゼントは開ける時がいつもドキドキするね。

昨日も今日も明日もあさっても忙しくて繰返す同じ日々。お花やスープや好きなもので心を満たして安心出来る時間を持つ事は大事。

あの人に、私はいつも安心をあげられているのかな。それとも、心配かけてる?

私の心配事はいろいろで。
例えばクラスをする時に。
誰か来てくれるかな。人が集まらなかったらどうしよう。一人しか来てくれなかったらへこんじゃう。
そして、集まらないことを正当化しちゃう。

そうじゃなくて、集まってくれなきゃイヤ‼︎
みんな来てくれなきゃイヤ‼︎
イヤ‼︎イヤ‼︎イヤ‼︎って自分に正直に自分に偽りなく、表現してみる。思考から離れて、自分のエネルギーを使う。
わたしにあいにきて‼︎って。

世の中に溢れかえるHow To。だけど、それは自分が知っていて、自分の中にある。

それは、あの人が気付かせてくれること。

いろんなHow Toから少し離れて、知ってることを思い出して、自分の声を聴こう。



月のひかり


遅い時間からのレッスンで、今日の晩ごはんも21時過ぎになっちゃった。


最近の不調は、自分で作ったごはんを食べていないからというのも原因のひとつだって解っていたから遅くても自分で作る。菜の花を使った簡単なメニュー。出汁をとったお味噌汁。ごはんの上には大根の葉っぱを炒めたふりかけ。地味だけど、おいしいごはん。

こうやって日常を繰返す中で、いろんな事に試されてもへこたれないで取り組めるように、柔軟な心と、揺るがない強さと、愛情を持って、自分の軸を強くしていこう。


そして、自分の中に光を見つけていこう。

それは、あの人も頼ってくる光。

私たちを照らす光。


23:54     おとめ座満月。


一緒にいると、自然と笑顔になる。ふたりでいると太陽の熱みたいにあたたかで、ハグすると心が穏やかになる。あの人と過ごす時間に感謝の気持ちをもって、今日の満月の光を浴びる。

















Re : 思い出したこと


真っ暗闇でよく見えなかったし、周りの雑音が大き過ぎて、最近自分の声が聞こえなくなっていて。

他人からの批判も、仲間からの評価も、悪いも良いも、そんなことはどうでもよかったって事を思い出した。

世間一般的な常識とか、一見当たり前のように周知されている事とか。自分は間違っている、いけないんだ、間違いを正さなければと焦ってばかりで、わくわくする事も忘れていた。

自分のハートとは程遠くて、そんな事で自分をがんじがらめにしていたら体調も悪くなるよ。

今までしてきた事の積み重ねを信じて、いまを感じて生きていればいい。未来への不安も要らないから。他人が何と言おうと、自分を信頼して、信じている事を表現していく。

もうね、周りも諦めてる。アイツはしょうがないヤツだ、好きなようにさせておこう。
だから、もっと強く、もっと勇気を持って、愛を持って、落ち着いて、ワイルドに取り組んでいこう。

明日は手放す満月。手放すのは弱くてフラフラしている自分だったという事に気付く。

蝶々みたいに自由に羽ばたく私の姿を、あの人に見せよう。






























ひとりの夜に


どうして誤解されるんだろう。すごく周りの人のこと考えて気遣いしてるのに。アクが強くて万人受けしないんじゃないの。ついて来れない人にはキツいんだよ。


女子会で、分析の対象となる私。


まわりはみんな結婚して子供も大きくなって。それなのに、まだふらふら遊んで何やってんだか。いつまでそんなことしてるの?


お酒が進むと、女子たちの分析はさらに厳しさを増してくる。


ひとに言われた言葉の棘がやっぱりまだ抜けないし、無理やり抜いたら跡が痛くて。解らない人から理解を得たいとは思わない。


だけど本当は、認められたい自分がいるのかな。


何を手放せばいいのか。どうやって自分の枠を超えていけばいいのか。月は、形を変えながら課題をつきつけてくる。宝物はどこに隠れているんだろう。


孤独に感じるのは、お月さまのせいなのか。

今夜は、一人だと感じてる。
















月が照らす


している事に価値なんてない、勘違いしてるだけで大したことない、高い意識なんていらない、そんなことを言われて嫌な感じが拭えない日々が続いていた。


だけど、少数ながらおんなじ思いをしている人たちもいて、ちょっとだけ気持ちが晴れた。
頼りにしてくれるみんなに応えるためにも元気出していかなくちゃ、って肩にへんな力が入って疲れが押し寄せてくる。

明日からのために、おいしいごはんを食べさせてくれる人の所に出掛けて、疲れた体にはちょっと遠かったけどお腹が満たされてくると元気も出てくる。

頑張りたいから頑張るだけ。それだけだから。
頑張ることを選択しているだけだから。
辛いと思えば辛いし、楽しいと思えば楽しい。

大変だからこそ、満足出来た時の気持ちは清々しい。

時にはへこむこともあるけれど、あの人が励ましてくれる。

ぼんやりした月に照らされた帰り道。あの人のポケットがあればいいのに、と思いながら手袋で手を温める。