読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月と太陽

月を見上げ太陽と遊ぶyoginiの日常

贅沢な時間

空気が凍りそうに寒い夜空の下。月を探しても高層ビルの灯りばかりで見つからなくて。


そんなに遅くない時間なのに、人がまばらないつもの道を呼吸に意識を集中して一歩一歩進む。車も少なくて、しんと静まり返った夜。こんな夜だから、電車だとすぐ着く駅まで時間をかけて歩いてみたりする。


多くの賢い人は時間をお金に換算して1分1秒を無駄にはしない。何かをしながら別の事を同時進行させる。働かずして資産が資産を産む仕組みの中に暮らす人もいる。

そんな光景を横目で見る私は、同じ時間を使って瞑想をする。天気がいい日は陽にあたる。大地を感じて歩く。海でひたすら波を眺める。気付いたら夕陽が沈んでいく。


なんて贅沢で、大切な時間。