読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月と太陽

月を見上げ太陽と遊ぶyoginiの日常

眠れなくて

理解したいと思ってる。

話してくれなくても察しようとしているつもりだけど、あの人のストライクゾーンに響く言葉を、果たして選べているのかって思う。

私は、あの人の理想に寄り添える存在なのか。あの人は受け容れてくれるのか。私を協力的だと思ってくれているのか。
 だとしたら、ちゃんと話して聞かせて欲しい。

世間の常識や正論を語る、私のお喋りはあの人をうんざりさせている?過去の成功体験を語ってる?的外れの建設的な意見を述べてる?

そんな事はどうだっていい。理解したいと思ってる。
こんなふうに思うのは、微妙に距離を感じたから。それは何なんだろう。私の努力が足りない?
肝心なのはあの人の気持ちだと思ってるから。
どんな事も、どんな時も、あの人の味方で一番の理解者のつもりでいるのに。

話したい。そう。それだけ。