読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月と太陽

月を見上げ太陽と遊ぶyoginiの日常

今日の心の色


人の時間を奪う、自分の失敗の後始末を人に振る、やるべき事が出来ずに人に負担を強いる。


奪われた側、後始末する側、負担を担う側が、その出来事を必然的に選んだ結果、その現実が起きたんだ。というのは、あんまりじゃないかと憤りを感じる。

時間を奪って、人に負担をかける人ってなんなんだろう。その人の価値観や出来事の意味なんてどうだっていい。そのくらい腹立たしい。

そういうのって。

こういう受け止め方って。

こんな事で立ち止まるって。

そんな事の方がどうだっていいと思いたい。

そんな事で時間を奪われ、そんな事で腹を立て、そんな事で自分を見失い、認めたくないけど傷ついてるような、こんな自分はもうやめたいし、こんな気持ちはもう要らない。

どこか、知らないどこか遠くに黙って出掛けたい。
深く深く沈み、時間の波に漂い、空っぽになるまでな〜んにも考えずに。

本当に望んでいる事は何?
本当の心はなに色?
命が輝くのはどんな時?

どこまでも広くて蒼いソラの下で、あの人は私を見つけてくれるかな。

たまに弱くなる私を、あの人はゆるしてくれるかな。


朝、目が覚めたら、元気で虹色に輝いてるといいな。そう思って、おやすみなさい。