月と太陽

月を見上げ太陽と遊ぶyoginiの日常

ナミダのあと


迷路から脱出できる光が射してきた。やさしい一筋の光。


ここじゃない違う場所に行けたら。
持っていないものを手に入れられたら。
そんなふうに思うのではなく、いま、ここで。
いま、あるもので。

どこかの未来に行くのではなく、何かを手にするのではなく。全てはここにあり、全部持っている事に気付く。

自分が何になりたいか、何をしたいかを探すんじゃなくて、誰かが喜んでくれる何かを。

嫌々だったレッスンはアドバイスの通りに進めたら最後はみんな笑顔だった。



心を塞いでいたモノが消えたら、軽くなって、なぜだかナミダが出てきた。
あの人に見せるのは笑った顔だけなんだけど。

あの人が喜んでくれる何か、を見つけたい。