読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月と太陽

月を見上げ太陽と遊ぶyoginiの日常

真実の口


気を遣って話せばいいのかな。美化した見方で美しく、誰もがうっとりする言葉を選んで。


事実を事実として伝えようとしているだけで、そこには自分を良く見せようとか、自分に有利になるよう事を運ぶとか、そんな気持ちは全くなくて。だけど、その選んだ言葉は間違った主観が入ってる?

放っておいたら言いたい放題のやりたい放題。
自分の都合いいようにモンスターぶりを発揮する。そんな人たちは野放しには出来ないし、そんな人たちって、厄介な問題が起きたら知らんぷりしてフェイドアウトしていく。

人間関係を円滑にする為に言葉はあるの?
自分に都合良く、主張せずともみんな私の魅力に取りつかれるように作り話をすればいいの?
嘘で固めて信用されればいいの?

面倒な事から目を背けたら、他の誰かがそれをなすりつけられる。
周りがやりたがらない面倒な事をやり、真実を語って嫌われるなら、やってられない。

今居る場所は、私を必要としているのか。
私がそこを離れたいのか。歩きにくい向かい風は何だろう。調子よく都合よく、なんて出来ない。

今日はスタバの喧騒の中。ひっそり身をひそめてソファーにうずくまる。周りは誰も私を知らないしこんな気持ちも秘密に出来る。だけど、清々しい空気を胸一杯に吸い込みたい。

どこに行っても誰とでも打ち解けて、みんなの人気者になるあの人。
あんなふうに振る舞えたら世界はもっとやさしいのかな。

今日も1日おつかれさまでした。