月と太陽

月を見上げ太陽と遊ぶyoginiの日常

早く帰ろう。



今日は、朝から夕方まで座学の日。


早起きして、久しぶりに作るお弁当。勉強するにはおいしいごはんがなくちゃ。
赤、緑、黄色のおかずに、雑穀米のごはんには梅干を忍ばせたおにぎり。白いごはんは紫蘇と白胡麻を混ぜたおにぎり。お弁当を楽しみに、絶対この時間に乗らなくちゃっていう電車に乗るために全速力で走る。
何気ない素振りで、実は苦手な初対面の人たちとグループワークに座学。まる1日ヘトヘトになって、わざわざいつものスタバまで逃げ込むようにやって来る。たとえ愛する人との時間を大切にしていても人には逃げ場は大事。それは、息が詰まらないように自分の部屋以外の場所。
いつも空っぽになるまで必要以上にエネルギーを放出してヘトヘトになる私。今回の学びは、自分を消耗しなくて済むようテクニックを学ぶ為のものだと私は思っている。これからは逃げ込むんじゃなく、くつろぎにここに来たい。

いつも思うんだけど、やっぱりあの人は私が欲しいもの全てを持ってる。それを全部吸収出来ればこんな学びは必要ないくらい。ちょっとおバカさんなのか、私は外から学んでいつもそれに気付く。チッ、って可愛く舌打ちしてあの人の知らないところで努力する。あの人といつも並んでいられるように。

疲れ果てて時計を見た。
ん?エンジェルナンバー655。

あなたは重大な変化の中にいます。そしてあなたが経験している大きな変化は人生に素晴らしい恵みをもたらすでしょう。この変化は、確実に最善に向かうものなので、心を開いてください。その結果、あなたの人生はもっと楽になります。

今が、頑張る時なんだね。変化して進化した私にあの人はそのうち気付くかな。