月と太陽

月を見上げ太陽と遊ぶyoginiの日常

愛っておなかがすく


周りがざわついている。ギクシャクした空気。落ち着かない感じ。誰が最初に怒りを爆発させるか、気持ちが途切れて倒れるか。

ボスは異変に気付けない。空気が変な事にも気付かない。みんながバラバラになっていきつつある事にも。

人のいい所に目を向けず、マイナス査定をしがちだった私さえも、スタッフたちを褒めて励ます事を意識的に始めている。自信がない子たちは褒めるとちょっと驚きのリアクション、次に嬉しそうなリアクション。お世話は言えない私だから、そこはヒッシに褒める所を観察して探す。怒るにも、褒めるにも、育てるにも、愛が必要。

今日もみんなに愛を放出して自分がカラカラになっちゃった。最近、定番の晩ごはんはおにぎりと、レタスとプチトマトのお味噌汁。遅く帰ってもすぐに出来るメニュー。ちょっぴり心の栄養不足を感じて今日は近所のおいしいお店で晩ごはん。こんな胃袋を掴むようなごはんを作れるようになりたいと思いながら、店主にしっかり胃袋を掴まれる私。

愛を持って人に接すると、おなかがすく。


今日も見たエンジェルナンバー。


1313には、「迷いの心を捨てて、求めるもの、求める世界へ向けてとことん進んでいきましょう。」というメッセージが込められています。

失敗したらどうしよう、損したらどうしようなどのネガティブな感情を捨てて、願うものへの気持ちで心を満たしましょう。


2121には「常に願望に意識を向けていてください。あなたが信じる心を失わない限り、あなたの未来は光へと続いていくことでしょう。」というメッセージが込められています。

信じる気持ちは、あなたと天界との手綱をより強くしてくれます。そしてあなたを前へ押し出してくれる原動力にもなります。望みのほうに意識を向け、それは当然叶うのだという心持ちでいてください。


自分にも愛を向けよう。
自分にやさしくしよう。
あの人にも愛を持ってやさしく接したい。あの人に愛されたい。ううん、違う。
あいしあいたい。

愛しあって、おなかがすいたらおいしいごはんを一緒に食べよう。