月と太陽

月を見上げ太陽と遊ぶyoginiの日常

熱があっても出歩く


珍しく体調が悪い私を周りが気遣ってくれて、空が明るいうちに電車に乗る。



早く寝るために帰っていいよ、って言われたのに思わず時間がぽっかり空いてなかなか会えない人に会いに行く。
あの人と出会うきっかけをくれた、ある人。
感謝してもしきれない感謝の気持ちでたまに顔を出す。今日も他愛のない話題で楽しい時間。

自分に甘えて外食した帰りに、いつものお花屋さんで珍しい種類のかすみ草を買っておしゃべり。ちょっと私と年齢が離れた彼女は、かなり不健康な生活でいろんな所が不調。労働時間と労働条件にいろんなことを諦めてる。
外に連れ出そうとしても、あれこれ言い訳を並べるばかり。いつかそのうち連れ出そう。


どうにもならない現状に不満を並べるのはやめにしよう。苦しさに慣れて全てを諦めるのはやめよう。

心の中でそう約束して、明日の交渉に臨む。
ドアを開けなくちゃ。扉の向こう側には、拓かれた世界。不安なんかじゃない、わくわくドキドキした感じ。

今朝は頼りなかった葉っぱも、もう元気に開いてる。

世界は、うれしくて美しいことばかり。
うれしくて美しい世界を私は創りたい。
そこにはあの人も居て。
愛と笑いが溢れていて、あの人もパワーを充電して心から安らげる世界。

その為にも早く、元気になろう。