月と太陽

月を見上げ太陽と遊ぶyoginiの日常

常に冷静でいたい。すぐプリプリしてしまうけど。


1日ひとりで任せてみた。

1ヶ月前にウチに来た時は正直、明日は来ないかも、って思って数日が過ぎた。

業務日報という名のふたりの交換日記。
今日覚えた事、覚えられない事、失敗した事、出来た事。
いろんなことが書かれていて、そこには書けない内容の話はこっそりふたりで女子トーク

1日ひとりで任せてみた日の日報に書かれていたのは「○○が出来てよかった」
「○○が解るようになってうれしかった」と、短いながら気持ちが伝わる一文。
うんうん、私も良かったよ。
そして今日、初めてみんなに聞こえる声で挨拶をして帰って行った。うれしいね。

こんな共有出来る喜びがあるから私も頑張れるんだ、って思う。
自己プロデュースは苦手だけど人を育てるのはキライじゃない。


自己プロデュース。自分のアピール。
しなくちゃいけないのはオフィシャルな場面ばかりじゃない。
曖昧にしてきた話題。
もっと本音で、不安も、苦しみも、プレッシャーも、話し合うべきだった。
楽しければいいや、って、ほんの一時だけでも非日常の世界にどっぷり浸かって。いつも時間がないのを言い訳に、核心に触れない、本質から離れたやり取り。

そろそろ、ちゃんと向き合おう。
そういう時期なんじゃないかな。

ふたりが本物なら、いい事だけじゃなく光が当たらない部分にもフォーカスするべきだから。
がまんも、もうやめなくちゃ、お互いね。
本音で話して、妥協点、着地点を探して、今は受け容れられない事は宿題にして。

どんなに心臓のバクバクが聞こえる距離でも、手を伸ばしたら届く距離でも、どこか遠くに感じてた違和感をなくしていこう。ふたりの間の壁を壊そう。大事な人に意地を張っても仕方ない。

本物のふたりに、なれるかなれないか。
表面的に仲直りしたとしても、今日だけ、今だけ、の問題じゃないから。

お互い幸せでいたいんだもん。