月と太陽

月を見上げ太陽と遊ぶyoginiの日常

アートにふれた夜


大好きな人が多いであろう吉田さんが、ニガテな私。


あの前向きな強さが弱さと並行して走っている感じと、すごく大きな声なんだけど、か細い儚さが一体化している感じが、他人事には思えない。
凄腕のギタリストがLOVE LOVE LOVEをカバーして、急に吉田さんを思い出す。
ついでにLOVE LOVE LOVEが流行っていた頃のつまらない恋愛も思い出す。つまらない自分が吉田さんの歌声にオーバーラップする。



遅く起きた今朝は、突然キッチンに立って2日分はありそうな食事を作る。先週買った食材たちは一度も野菜室を開けなかったおかげか、朝採り野菜だったせいか、1週間経ってもピチピチで、夏の野菜で夏らしいメニュー。


ライブが終わってそのまま家に帰る。
休みの日くらいは早く真っ直ぐ家に帰りたい。
朝作っていた物を、お皿に並べたり温め直してあっという間に豪華なテーブル。
ごはんがすすむ夏のおいしい物。こんなに料理上手かった?私。
ごはんがお茶碗一杯分しかなくて良かった。
きっと3回くらいおかわり出来た。


なんにも食べずに生きている聖人の方の話をよく聞くけど、私は絶対にごはんは食べたい。
つまらない過去の自分を思い出しても、おいしいごはんで元気になれるから。


今年の夏は、本当に暑くてフルーツがすぐに傷んじゃうから、ケーキに変身させる。
おかげでエアコンを止めたキッチンの暑さといったら‼︎もう、とろけちゃう。

窓を開けて。
静かに思う。
ステキな人とステキに恋愛するって幸せ過ぎる。