月と太陽

月を見上げ太陽と遊ぶyoginiの日常

夜の街なかをうろうろするのは高校生の頃から変わらない


月が見えないテラス席は街灯が明る過ぎるのかな。ひとりの部屋に帰りたくない気分の日は、自分の好みじゃない音楽を聴いてるのがホッとするね。


自分にとっての一大事。
何が大切で何がかけがえのないものか。
最大MAXに大変だ、って思っていても比ではないくらいの事が起きる世の中。
真面目に生きてきた人も悪いヤツも呑み込んじゃう自然災害。自らの命を絶つ。分別つかずに親しい人の心臓を止める。何の前触れもなく銃で命を落とす。誰かを愛して叩かれる。
それでも、
今日も地球は回って、月は輝いて夜が明けたら太陽が昇る。海は満ちたりひいたりしてる。
私があの人を愛してるのも当たり前の、そのサイクルのひとつに過ぎず、それは誰にも止められないし、美しい日も荒れ狂う日もやさしい日もある。
私の生命の続く限りに、ね。

そのことを忘れないでいて欲しい。