月と太陽

月を見上げ太陽と遊ぶyoginiの日常

瞬発力があった私たち⭐︎運転中にスマホを触るのやめてほしい


私とイケメン高校生。


ふたりして

車にはねられそうになる。


駐車場から歩道を越して

道に出ようとした車。

ちがう、

スマホを触っていた車。



最近、車を運転する人たちは

前を見ないよね。

みんな下ばっか向いてる。

スマホを触っていないにしても

おばさまがたは、なぜ

自分が行きたい方向しか

見ていないんだろう。

反対側にも人はいるよ。

最近のスクールは

そういう指導なの?

それとも、

長年の運転キャリアで

すっかり慣れて

油断しちゃってるのかな。



話しを戻そう。

そう、

私たちを危険にさらしたその車。

まさかの

私たちに怒りをぶつけてくる。

なになに、何なの?

なに、

その車から怒って降りてくる感じ。

そこは

ごめん、大丈夫?  じゃないの?

しかも、

車には接触してないよ。

ちょっと待って、

もともと車にあった傷を

私たちのせいにする気なの?



立ち向かおうとすると

高校生に止められる。



いいから、ここは逃げろ。

めんどくさいから。



なんにもしていないのに理不尽。

私まで

面倒なヤツに思われないように

言われた通りに立ち去る。


ものすごい勢いで。

アスリート並の早さで。




そして、見た記事。


みんな、全員、

自分は大丈夫って思ってる。


見せてやりたい。


いやいや、

そんな時限の人じゃなかったし。


↓↓↓↓↓↓


改正法案は、携帯電話などを操作して交通の危険を生じさせた場合の罰則について

1年以下の懲役または30万円以下の罰金

に引き上げる。また、軽微な交通違反を犯した際に、反則金を納付すれば刑事訴追されない交通反則通告制度の対象から除外する。

さらに直接交通の危険を生じない場合でも

現状の「5万円以下の罰金」から

「6月以下の懲役

    または10万円以下の罰金」

厳罰化する方向。