月と太陽

月を見上げ太陽と遊ぶyoginiの日常

スタバのザッハトルテを食べて思う事


初対面だけど話しが止まらず

2時間ずっと話す
同じ太陽星座の女子3人。

3人それぞれ違っているけど
変なところが共通点で面白い。

社会に出ると多くの人がいて
多種多様な価値観があって
性格も経験値も様々。

同じ太陽星座の人との集まりが
こんなにストレスレスで
楽しいとは、ね。

人は人と接して元気になる。
もちろん、
落ち込んだりムカついたり
攻撃される事もある。
けれど、
気持ちを、支えたり支えられたり
元気を、もらったり分けたり。



昨日から電話をかけてくる
かつての同僚。
聞いて欲しい事があるらしい。

今は、人の話を聞く
余裕がないと思っていたけど
会って話を聞いてみようかな。
彼女を元気に出来るかもしれないし
私も元気をもらえるかもしれないし。



自分をがんじがらめにして
あれはダメ、これはいけない、
世の中の、常識や秩序を意識する
他人の目を気にする。
こんな事しちゃいけない、
こうでなければいけない。

それは、何の為に?

社会の仕組みの中で
生きているけど
どう生きるかは自分次第で
自分をしっかり持ってないと
正体がわからないものに
呑み込まれる。

今は冬眠中みたいな私。
春の匂いをいち早く嗅いで
あの人みたいに
自分を生きていこう。



バレンタインデーよりも
節分よりも前に、
必ず、毎年しているのは
スタバのザッハトルテ
食べる事。
1年にひとつだけだから
いいでしょ。

去年のザッハトルテ
こんな現実になるとは
思わずに食べていた。

今日は、少し時間を置いて
やわらかくなるのを待つ間
こんな事を思う。

来年のザッハトルテ
どこのスタバで
どんな景色を見ながら
何を思って食べてるんだろう。