月と太陽

月を見上げ太陽と遊ぶyoginiの日常

一緒に、ね

 

毎日のお掃除はテキトー

毎日してたら、かえって手抜きになってた

 

いつぶりか忘れるくらいに

突然、床を拭いてみる。

そんなの朝やったらいいのにね。

 

夕方

洗濯機を回しながら

突然の床掃除。

そしてちょっぴり模様替え。

 

いつもと違う角度、高さから

床を見てみる。

 

立場の違い

役割の違い

意識の違いで

きっと、物事の捉え方も違ってくるんだろう。

 

あの人と私は

国籍が違うくらい

もしかしたら

棲む星が違うくらいに

脳の中、心の中

在り方が違っている

 

それを、価値観の相違というのか

 

いい悪いレベルの話ではなくて

 

明らかに

私は劣っているんだけど。

 

 

 

私は世の中のレールから外れてしまって

 

ううん

もしかしたら

レールに乗っているつもりだけだったのかも

 

今すごく

 

フリーズしていた心を溶かそうとしている

 

思春期とか成人と言われる年齢に

みんな、そういう作業をしていて

ちゃんとオトナになるんだろうね

 

いろんな出来事や、いろんな言葉に

傷ついた子どもの心をフリーズして

なるべく存在を消すように

ひっそり息をして暮らしていた家から

飛び出して

なんだかずっと

自分を隠して

存在を消して

表立って主張しないでいたけど

 

今更ながら

そういうわだかまり

そういうちっちゃなひっかかりを

取り外していこうとしている

 

もう、周りはみんな

とっくにオトナになっている

 

子どもがいたり

ちょっと年上の人だと孫がいたり

だけど

私は自分が子どものまま

あの人にもだだをこねる

 

 

自分の封印を解いていくから

 

もう暫く

こんな感じで

 

調子よく水に流したり出来ないから

 

1ページ毎に納得いくように

消化していくしかないから

 

 

 

 

腹を括っていないように見えるかも

 

だらだら甘えているように見えるかも

 

今しかないから

たぶん、今を逃すとまた

日々の時間の流れに埋もれていってしまうから

 

作業が終わるまで、納得するまで

次の一歩を元気よく踏み出すまで

一見、生産性がない今の私を

見ていてくれるかな。

 

 

 

満月を見られるように

ベランダもちょっとキレイになった。

 

また

一緒に月を。