月と太陽

月を見上げ太陽と遊ぶyoginiの日常

変えられるもの、変わらないもの

f:id:pioniere:20180730225452j:plain


蜘蛛の巣にかかったみたいな

青い空。





今日、会ったその人は

流れに上手く乗ってしなやかに

生きていた。


私には真似出来ない、って

話を聞きながら思う。


何でもやってみて

嫌だったらやめればいい、

それを繰り返して流れて来た、

んだって。



そんなふうに

軽やかに

生きていくのは素敵なこと。



人には向き不向きがあるし

彼女にはそれが合うけど

私にはこっちが合う、

っていう場合もある。



地に足が着いていないのに

着いていないからこそ

私は安定を求めるのかな。



時計の時間はズレているけれど

確かなリズムでカチカチと

進む世界から抜け出せない。



心臓の鼓動みたいに一定して

流れる時間が好きで

だから、

私と居る人は、居心地が良くて

安心出来るって言うんだろうって

勝手に思ってる。





それでも、時々ひとっ飛びで

違う次元に行ってみたくて

自由な風みたいに生きてみたいと

願ってる。


こんな自分を

変えられる?

変えようとして、

途中でくじけた。


何が変えられて

何が変わらないんだろう。


私は、この人生を

後悔せずに諦めずに

生きて行けるんだろうか。


まだまだ、やりきった感はなく

まだまだ、満足出来ない。

まだまだ、成果が出せていない。


いまを、毎日を

精一杯に楽しめてないのかな。


たどり着きたい場所は

どこだろう。


背中に羽根を付けて

飛びたくて、飛ぶ勇気がない。