月と太陽

月を見上げ太陽と遊ぶyoginiの日常

やる事がたくさん、そんな時はコーヒーで休憩

 

散らかった机の上。

タスクまみれで手のつけようがない。

どうしよう。

どれからいくかな?

 

まずはお湯を沸かす。

なんだ。

結局、お茶してゆっくりするんだ。

忙しさのあまりに優先順位がおかしくなった?

 

いやいや、まずは気持ち

落ち着けよっと。

 

 

心が完全に破壊されてしまう前に

体がおかしくなったのは

この体が身を持って私を護ってくれたんだ。

 

それで気付けた。

 

ん?待って。

 

体は借り物の乗り物でしょ。

乗り物が壊れたらダメじゃん。

 

あ、だから

最近の私

 

自分の足で歩こうとしてるんだね〜

 

にしても

痛すぎる。

 

そして

汚いね、部屋。

 

乗り物も

早くなおしてあげなくちゃ。

 

まだまだ

ずっと遠くまで

ずっとずっと先の未来まで

まだ知らないものを観に行くんだから。

 

あの人も誘おう。

 

一緒に観に行きませんか?って。